読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画女子の気ままな日記

『この漫画知りたい!』そんな、あなたに漫画の面白さを伝えたいブログです。

断絶母娘~娘を捨てた母の懺悔~ネタバレ 結末 復縁は可能?施設に預けられた娘が20年ぶりに母親と再会して…

f:id:kkskchang:20170423235851j:plain

断絶母娘
~娘を捨てた母の懺悔~

作者:あしだかおる
1巻完結

 

 

 

こんにちは!漫画女子です。

 

ストーリーな女たちシリーズの
『断絶母娘~娘を捨てた母の懺悔~』です。

 


ストーリーな女たちシリーズは、

人の闇の部分を描いていることが多いので、

読んでいると、

 

 

『この次どんな不幸があるんだ?』

 

 

など、ビクビクというかドキドキしながら

読むことが多いのですが…。

 

 

 

この『断絶母娘~娘を捨てた母の懺悔~』は、

とても良い話でした。

 

 

その内容は、母と子の復縁を描いています。

 

 

何かしらの事情で娘を施設に預けた母親。

 

 

そして、その娘が大きくなり、

家庭を持ち、子供を産む。

 

 

その時、思います。

 

 

『お母さんに逢いたい…』

 

 

 

そんな、

気持ちは施設に預けられたとしても

辛い過去があったとしても消えません。

20年経っても母親と再会したいと思う娘。

 

 

 

やっぱり、母親って子供にとって

大きな存在なんですね。

 

 

 

改めてこの話を読んで感じました。

 

 

 

そして、母親も母親で娘に逢ったことで、

娘を想ってつく嘘が良いもので良かったと、

『ホッ』とした話でした(笑)

 

 

 

実話を元に描いている漫画だから、

リアル感があり、こういった親子の型も

良いなぁ~と感じました。

 

 

 

復縁は可能?施設に預けられた娘が20年ぶりに母親と再会して…

 

 

『私は自分の環境を恨んでも』

 

 

『母を憎んだことは

一度もありませんでした』

 

 

6歳から18歳まで児童養護施設で育った東ゆり。

 

その環境は厳しく辛いものでした。

 

 

 

そんなゆりも、

32歳になり結婚をして1児の母に…。

 


そして、母親にあいたい気持ちが募る。

 

 

 

「アンタがゆり…?」

 

 

 

20年以上ぶりに親子の再会を

果たすゆりとその母親。

 

 

母親は派手な服装をして登場します。

 

 

 

「夫は会社の経営を

していて豪邸住まい」

 

 

 

母親は社長夫人で

裕福な暮らしをしているようでした。

 

 

「困るのよ」

 

 

「旦那には

アンタのこと話してないから」

 

 

 

また会えることを約束しようとすると、
母親はそう言います。

 

 

「近くまできているんだけど

出てこれる?」

 

 

ゆりの所に、半年ぶりに母親から連絡があります。

 

 

 

 

そして、

 

 

 

「優…って子の誕生日プレゼントと
あんたに出産祝いの商品券よ」

 

 

 

紙袋に入った

プレゼントを持っていました。

 

 

「うわ3万円分もあるの?」

 

 

高級ブランドのプレゼントに3万円の商品券。

 

 

 

流石、社長夫人と思うけど、
実はこれは母親の嘘だったんです。

 

 

本当の母親は…。

 

 

 

『断絶母娘~娘を捨てた母の懺悔~』は、
音信不通の母親と20年ぶりに再会したゆり。

 

 

母親を恨むでもなく、

ゆりの素直な気持ちが母親との

心の距離を縮めます。

 

 

 

母親も母親でそんなゆりに、
見栄っ張りだけど優しい嘘
ついたのでした。

 

 

 

最後、ゆりの子供を

あやすシーンとか、

『ジーン』ときましたね。

 

あ”~お母さんだ~って(笑)

 

 

 

私は良い話だと感じます。
良かったら読んでみて下さい。

 

 

まんが王国で無料お試し読みも出来ます。

 

 

まんが王国はコチラです。
「断絶」で検索してください。