読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画女子の気ままな日記

『この漫画知りたい!』そんな、あなたに漫画の面白さを伝えたいブログです。

失恋日記 ネタバレ diary 明るい彼女が考えた本心?それが日記に書かれていて…

f:id:kkskchang:20170418124546j:plain

失恋日記

作者:柏木ハルコ
1巻完結


こんにちは!漫画女子です。

失恋日記の『Diary』を読みました。

 

 

『愛しい』って何なんでしょう…。

 

 

複雑な人間心で
答えはないような感じがします。

 

 

愛おしいという感情は、
人によって捉え方が違う気もします。

 

 

失恋日記の『Diary』は、

 

男女関係の恋愛で、
『愛おしい』という感情の1つの例を描く。

 

 

普段一緒にいると、

 

『何故こんな女を選んだのかわからん』

 

『コイツと結婚かー
ピンと来ないな』

 

 

そんな風に彼女の事を考えていた男が、

 

 

『彼女の死』によって、
本心を知ることになります。

 

 

それは、
彼女の本心と、自分自身もです。

 

 

その男性自身も、

彼女の日記によって自分の本当の

気持ちに気が付きます。

 

 

明るい彼女が考えた本心?それが日記に書かれていて…

 

「一生ベロベロになめさせて!!」

 

 

結婚が決まっていた、

平野太郎と彼女の広瀬弓絵。

 

 

彼女は明るくて、ふざけた感じがします。

 

 

「…ウソだろう」

 

 

朝まで一緒にいたはずの弓絵は、
車に跳ねられ死んでしまう。

 

 

部屋には彼女の物。

 

 

そんな弓絵の物に目がいく太郎。

 

 

そして、

 

 

『日記だ…』

 

 

ノートに書かれた弓絵の日記。

そこには、

 

 

「8月17日(火)

自分のことを棚にあげて人を
ボロクソにけなせるんだ?」

 

 

「8月18日(水)

またダメな奴だと決めつけられた」

 

 


太郎の悪口が書かれていました。

 

 

『素直に泣けない…』

 

 

弓絵の葬式。

 

太郎は日記のこともあり、
気持ちに整理がつかない。

 

 

そして、

 

 

『…弓絵?』

 

 

そこには、
弓絵そっくりの双子の妹、文絵も
葬儀にいました。

 

 

「今日見たよ新宿で!!」

 

 

太郎は弓絵が生きていた頃、
文絵を町で見かけます。

 

 

 

弓絵だと勘違いをしている太郎、
いつもの雰囲気と違って美人だったと、
褒めまくる。

 

 

 

自分が酷いことを言っていた事に

気が付いた太郎。

 

 

再び、弓絵の日記を開きます。

 

 

そこには、

 

 

『フミと自分を比較しているウチは
幸せになんて決してなれない。』

 

『フミと会ったら、どう思うんだろう?

私を選んだことを後悔したとしたら?』

 

 

そんな弓絵が太郎に言えない不安
書かれていました。

 

 

更に、

 

 

『私、太郎くんが好きなんだなぁ…』

 

『自分の幸せを信じること…それが答えだ!!』

 

『そうか、この感情、「愛しい」だ。』

 

『太郎くんのことすごく愛しいと思う』

 


弓絵の正直な気持ちが

そのまま書かれていました。

 

 

『めいいっぱい努力した結果』

 

 

『あの顔(笑顔)をオレにみせていた』

 

 

『いつものあいつのままでいいんだ…』

 

 

そして、

携帯の留守録音を聞いていたかったことに

気が付く太郎。

 

 

その留守録音には…。

 

 

失恋日記の『Diary』は、
普段明るかった弓絵が事故で亡くなり、

彼女の日記を手にすることになった太郎。

 

そして、

彼女の本心と自分自身の本心に

気づかされます。

 

 

普段一緒にいると、
気づかない事を教えてくれたような
漫画でした。

 

 

失恋日記の『Diary』は、
まんが王国で無料お試し読みができます。


良かったら読んでください。


まんが王国はコチラです。
『失恋日記』で検索してください。

 

 

 

 

 スポンサーリンク