読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画女子の気ままな日記

『この漫画知りたい!』そんな、あなたに漫画の面白さを伝えたいブログです。

ワリバシ女 ネタバレ 4話 『見つかったら…終わり…』なぜ割り箸なのかわかった気がする…

 

[ComicFesta]【一般】ワリバシ女.ver1.2.1

ワリバシ女

作者:ワタナベチヒロ

9話未完結

 

 

 

こんにちは!漫画女子です。

ワリバシ女 4話です。

 

 

『なんで割り箸なのかなぁ~』

 

って思っていたのですが、
その理由がワリバシ女4話を読んで
わかった気がしました。

 

 

それは、
異様な雰囲気の団地。

 

 

そこに住んでいるおじさんおばさんが
ワリバシについて教えてくれます。

 

『そんなことして大丈夫』

 

ゆあはおじさんおばさんに
自分の住所を教えて帰るのですが…。

 

 

『見つかったら…終わり…』なぜ割り箸なのかわかった気がする…

 

団地の目の前、

ゆあは行くかどうか迷っていると…

 

「か」「く」「れん」「ぼ」

 

 

薄暗いオーラをだす異様な雰囲気の少女
ゆあのそばにいました。

 

 


「日が落ちると
かくれんぼが始まる」

 

 

「見つかったらおわり…」

 


ゆあが振り向くと、
少女はもういませんでした。。

 

 

『せっかく来たし

見るだけ見てみようかな…』

 

 

 

薄暗く狭い階段を上がり、
団地の扉を開けると…。

 

 

 

エレベーターがありました。

 

『上までいって降りてこよう…』

 

 

エレベーターの中後ろを振り向くと、
白髪のおじさんが後ろに真顔で立っています。

 

その顔が怖い!!

 

 

「このおせんべい食べる?」

 

 

白髪のおじさんの他に団地の人たちが
集まっていました。

 

『立て替え反対!!』

 

 

『反対!反対!』

 

 

掲示板や黄色いヘルメットに
『反対!!』と書かれた文字を見て異様に思うゆあ。

 

 

「今日は団地祭だったな…」

 

 

え!?本当にお祭りなんかあるの?

そんな感じなのに、

団地の住人がそう話しています。

 

 

「会長がわりばしご発注して

大変だったりね」

 

 

そんな話を
住人達から聞かされるゆあ。

 

 

「ここに住所書いていきなさい」

 

 

姉の携帯を探していることに
協力しようとしてくれます。

 

 

しかし、


『この人達に住所を書いて大丈夫!?』

 

そう感じた私です。

 

 

団地を出たゆあの目の前を

何かが通りすぎる。。

 

 


『ワリバシ女』4話は
ゆあが団地に入ろうか迷っていると、
薄暗いオーラの少女に出会います。

 

「見つかったら…終わり…」

 

 

そんな言葉を残して少女は消えてしまいます。

 

 

 

団地に入ってみると中は薄暗く、
エレベーターに乗ると白髪のおじさんに出会います。

 

 

 

団地の人たちと話はなんだか異様で
ヘンな空気が流れていました。

 

 

姉の携帯を探すために住所を
団地の人に教えて帰るゆあですが、
団地を出たら…。

 

 


『ワリバシ女』4話は、
comicフェスタで60P(60円)で読めます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでください。

 

 

comicフェスタはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク 

[ComicFesta]【一般】ワリバシ女.ver1.2.1