読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画女子の気ままな日記

『この漫画知りたい!』そんな、あなたに漫画の面白さを伝えたいブログです。

金魚妻 無料で読んでみました♪冷たい夫!?寂しい心を埋める為に妻が起こす行動とは?

f:id:kkskchang:20170123002514j:plain

金魚妻

作者:黒沢R

1巻完結

 

 

こんにちは!漫画女子です。

【金魚妻】をBookLive!
無料お試し読みから読みました。

 

 

しかし、
その先がきになり、
つい購入して読んでしまう(汗)

 


妻が不倫をする気持ち 

なんとなくわかった私です。

 

 

なぜなら、夫は妻にものすごーく冷たいから。

 

 

 

お互い愛していたはずの夫と妻ですが、
いつのまにかそんな愛情も冷めていた。。

 

 

 

そして、

妻はまだ夫のことを愛していそうですが、
夫はすでに別の女性を好きになっています。

 

 

つまり、夫は別の女性と不倫。

 

 

そんな、事実を知り更に夫から、
あり得ないくらい冷たくされたら、

 

 

拷問の何ものでも
ありません。

 

 

 

そんな、
妻の心の行先はどーなるのでしょうか?

 

 

 

そんな、ストーリーを描いている金魚妻。

 

 

黒沢Rさん、
流石といえるそんな妻をエロくみせる
描写もスゴイ(笑)

 

 

エロばかりではなく、
夫以外の男性に体を許す妻の心情に注目です。

 


妻に冷たい夫?優しい男性になびく訳!?

 

 

「好きにすれば」

 

 

出社前の夫の卓に話しかける妻のさくら。

 

 

『金魚を飼っていいか』夫に聞くと、
目を合わすこともなく一言で返事をする。

 

 

 

さくらは、
ここ毎日金魚屋さんに通っていました。

そこにいる店長は穏やかそうで優しい。

 

 

「店長いい奴だよ」

 

 

お店のお客さんが言うほどいい人のようでした。

 

 

 

「おい!なんだこれは!?」

 

 

水槽を購入して玄関に置いたら、
その水槽が大きすぎると怒鳴る夫。

 

 

「俺が働いてローンを払ってるんだ」

 

 

「返してこい」

 

 

「じゃなけりゃおまえが出てけ!」

 

 

「今すぐ!」

 

 

 

亭主関白とも言えそうな言葉つかいで、
妻を威圧する夫。

 

 

 

「卓ちゃん。
最近急に冷たくなったね」

 

 

 

さくらは、

肩を下げて悲しそうな顔をします。

夫が冷たいことを寂しく思っているようでした。

 

 

 

「あれ?どうしたの!?」

 

 

さくらは、

大きな水槽を持って夜道を歩き、

金魚屋さんに水槽を返しにきました。

 

 

 

店も閉まっていたため、
シャッターを開けて店長はビックリします。

 

 

 

 

「ここに水槽置いて金魚飼えば」

 

 

 

さくらの事情をきいた店長は、
金魚を管理している所に水槽を
置いて金魚を飼ったらどーかと、
提案します。

 

 

 

「全然!
君みたいな可愛い子が
来てくれると」

 

 

 

「俺も嬉しいしね」

 

 

 

店長は笑みを浮かべてさくらに話す。

 

 

『久しぶりに女性として
見てくれる男性』

 

 

そんな、
嬉しい言葉にさくらは何も言えなくなります。

 

 

 

「大丈夫だから」

 

 

「ポン」

 

 

そう言うと店長は、
軽くさくらの頭に手をのせて触る。

 

 

「もうちょっと…
ここにいて、いいいですか?」

 

 

さくらは、そんな言葉を言ってしまう。

 

 

 

「本当にいいの?」

 

 

「こんなことしちゃって…」

 

 

 

「はぁ、はっ」

 

 

「はぁ、はぁ、はぁ」 

 

 

 

店長の手はさくらの首元を掴み、

 

キスをし始める2人…。

 

 

その息は激しくなっていきます。

 

 

 

もう、その行為を

止めることが出来ない。。。

 

 

 

 

 

夫に冷たくされた妻は、
そんな優しい店長の優しさに、
気持ちを許してしまう。。。

 

 

 


金魚妻は、結婚したものの夫婦の関係が
上手くいかない妻と夫を描いています。

夫は不倫。

 

 

そんな寂しい状況に、
出会った金魚屋の店長。

 

 

そして…さくらがとった行動は…。

 

続きはBookLive!の無料お試し読みで
読めるので読んでください!

 


BookLive!の好きな所は、
継続課金がないことです。

 

 

 

登録無料なので本代だけで済むところが、
良い所ですね。

 

 


BookLive!はコチラです。
「金魚妻」で検索が必要です。