読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画女子の気ままな日記

『この漫画知りたい!』そんな、あなたに漫画の面白さを伝えたいブログです。

誰かが私をねたんでる ネタバレ【独身女性は幸せじゃない!?結婚が究極の幸せって本当?】

 

f:id:kkskchang:20170529230052j:plain

-ストーリーな女たち-

誰かが私をねたんでる

作者:木元紀子

1巻完結

 

 

 

こんにちは!漫画女子です。

ストーリーな女たちの『誰かが私をねたんでる』を
読みました。

 

 

『あの人いいなぁ~』

 

 

『うらやましいな~』

 

 

 

そんな気持ちがいきすぎると…。

 

 

 

”ねたみ”になってしまいます。

 

 

 

 

私もこういった気持ち、まったく
無いわけではありません。

 

 

『誰かが私をねたんでいる』は、
家庭を持った主婦を描いています。

 

 

 

 

『女の幸せ』

 

 

それは子供を育てること。

 

 

幸せな家庭を築くこと。

 

 

そんな風に一見感じるかもしれない。

 

 

しかし、

現実は育児に追われて、

子供が着た服は脱ぎっぱなし…。

 

 

 

料理を作っても、
誰も美味しいとは言ってくれない。

 

 

 

むしろ旦那からケチをつけられて…。

 

 

 

自由が少ないそんな生活に

幸せを感じているようには見えませんでした。

 

 

 

そんな中独身の女友達は

習い事だったり旅行へいったり…。

 

 

そんな女友達を妬ましく思ったのか、
イヤミを言い始める。

 

 

そして、言う言葉が。。。

 

 

独身女性は幸せじゃない!?結婚が究極の幸せって本当?

 

 

一日中家族の為に働いて。

それが解ってもらえなくって。

 

 

『これが女の幸せ?』

 

 

そんな風に感じている主婦の和田さん。

 

 

 

「最近の朝食…ちょっと味の
濃いもの多くないか?」

 

 

 

「旦那が一生懸命働いてる間に

友達とおしゃべりしに行くわけ?」

 

 

 

 

作った料理にはケチをつけられ、

友人と会うのも旦那の許可がいる。

 

 

 

そんな自由がない生活。

 

 

 

 

「お母さんバッジー」

 

 

 

「僕ハンカチー」

 

 

 

家族から必要とされているから
愛されている。。。

 

 

 

そう思うようにしているようでした。

 

 

 

そして、何年かぶりに高校の友達に
会う事にした和田さん。

 

 

 

「1人で旅行しまくって」

 

 

「今 スペイン語習ってるの」

 

 

 

 

そんな友人の長島さんの話を聞きながら、

 

 

 

『未だに

フラフラ生活を送っている』

 

 

そう思っていた和田さん。

 

 

 

「和田さんは?」

 

 

 

 

お互い近況報告をして和田さんの
話になると…。

 

 

 

 

「夫と子供に愛されて」

 

 

 

「これが女の究極の

幸せって感じ」

 

 

 

思ってもいないことを話始めます。

 

 

 

 

これは、長島さんへの当てつけ?

 

 

 

 

「私は私で幸せよ」

 

 

 

1人気ままに生きられるというのも

これも幸せだと話します。

 

 

 

そんな長島さんに、

 

 

「逃げてない?本当の幸せから」

 

 

ケンカを売っているとしか思えない

その話し方。

 

 

 

そんな、和田さんは更に…。

 

 

 

ストーリーな女たちの『誰かが私をねたんでる』は、

結婚をして家庭を持つことが幸せだと思っていた

主婦の和田さん。

 

 

 

しかし、現実は家族の為に働く日々。

 

 

そして、誰も認めてくれる人はいません。

 

 

そんな中何年かぶりに高校の友人にあいます。

 

 

 

友人の長島さんは独身ですが、

その生活を楽しんでいるようでした。

 

 

 

 

そんな彼女を妬ましく思った和田さんは、

思いっきりイヤミをいいます。

 

 

 

それは、

 

『余計なお世話では!?』

 

と感じるほどでした。

 


ストーリーな女たちの『誰かが私をねたんでる』は、

 

 

BookLive!で無料お試し読みができます。

 

 

BookLive!は

登録無料で継続課金もありません。

 

 

 

良かったら読んでみて下さい。

 

 

BookLive!はコチラです。
『誰かが私をねたんでる』で検索して下さい。

 

 

 

 

 

 

無花果 漫画 ネタバレ 6話【現金1億2千万円の行方!?まひろが犯す過ちとは?】

 

f:id:kkskchang:20170424233542j:plain

無花果

(イ・チ・ジ・ク)

作者:坂辺周一
2巻未完結


こんにちは!漫画女子です。


『無花果 イ・チ・ジ・ク』6話です。

 

 

 

不倫サイト、出会い系サイトなどの

オンライで繋がる男女。

 

 

その危険性を描いているような

漫画ですが、実際にありそうで

本当に怖い。

 

 

 

事実、出会い系サイトで知り合って、

事件に会う人もたまにニュースで

見ます。

 

 

 

そんな、『無花果 イ・チ・ジ・ク』6話は、

不倫サイトで出会った鮫島。

 

 

 

 

その歪んだ性癖で、

主人公真由を苦しめ、最後には、

防衛反応か鮫島を殺してしまいます。

 

 

 

 

そんな、
鮫島の部屋で見つけた1億2千万。

 

 

 

その行方と、

殺した鮫島をどーするのか気になって

続きを読んでしまいました。

 

 

 

やっぱり人って
お金によって考え方がかわるのかもしれません…。

 

 

 

人の欲って怖いですね。。。

 

 

 

最初は、
真由だけを犯人にしょうとしていたまひろ。

 

 

 

その現金を見つけたために、
行動が変わってしまいます。

 

 

 

それは、

鮫島の死体を見つからないように、

処理することです。

 

 

そして…

まひろはこのまま犯罪者の道を

歩もうとしています。

 

 

 

 

なぜなら、

死体を処理するのもそーですが、

見つけた1億2千円を自分のものに

しようとするからです。

 

 

 

つまり、真由や未来にはそのことを言いません。

 

 


出会い系サイトを批判している訳ではないですが、

この漫画を読むと出会い系サイトを利用するのに、

恐怖すら感じます。

 

 

 

 

最初はリアルに

顔を合わすことのない出会い系サイト

だからこそ、慎重にするべきなのかもしれません。。。

 

 

 

1億2千万お金の行方!?まひろが犯す過ちとは?

 

 

「……いっ1億2千万っ」

 

 

 

まひろは鮫島の自宅で袋に入った大金を
見つけます。

 

 

『まだあるかもっ』

 

 

まひろは鮫島の部屋中を探します。

 

 

そして、
総額10億円相当の

登記簿やら通帳が出てきます。

 

 

「何よ10億円ってははっ…」

 

 

「どうしろっていうの私に!?」

 

 

 

ちょっと精神的に壊れ始め、

1億2千万の入った袋をもって、

自宅の玄関へ隠します。

 

 

 

 

『コレを…今更返すなんて…』

 

 

 

『考えられないっ』

 

 

 

 

そして、まひろの取る行動が…。

 

 

 

「私達もう

運命共同体なんだから」

 

 

 

「絶対逃げ切るのよ私達っ」

 

 

 

そして、真由、未来、まひろは、
鮫島の部屋へ…。

 

 

 

「頑張るって

やっぱろコレかぁ~」

 

 

未来を弱音を吐く。

 

 

 

それはそのはず、
鮫島の死体を切断しようとしているのだから…。

 

 

 

『ゴリゴリッ

ゴリゴリゴリッ』

 

 

 

大きな刃物で思いっきり死体を
切り始める。

 

 

 

 

真由は顔に返り血を浴びながらも、
その刃物の動きを止めない…。

 

 

 

そして…。

 

 

 

『無花果 イ・チ・ジ・ク』6話は、
鮫島を殺した後のまひろの気持ちがコロコロ
変わります。

 

 

 

始めは、真由1人を犯人にしようとします。

 

 

 

しかし、1億2千万を鮫島の部屋で見つけ、
そこから”運命共同体”と言って、
死体を処理し始める。。。

 

 

 

死体を処理する所とか、
気持ち悪いです。

 

 

 

そして、まひろは…。

 

 

『無花果 イ・チ・ジ・ク』6話は、
まんが王国で先行配信をしています。

 

 

良かったら読んでください。

1話120円です。

 

 

 

まんが王国はコチラです。
『無花果』で検索が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1122 渡辺ペコ 2話 ネタバレ 【恋をする夫?7年目の結婚記念日なのに彼女優先!?】

f:id:kkskchang:20170524230521j:plain

1122(いいふうふ)

作者:渡辺ペコ

1巻未完結

 

 

 

こんにちは!漫画女子です。

 

渡辺ペコさんの1122(いいふうふ)を

読みました。

 

 

その第2話です。

 

 

夫の既婚外恋愛を許したいちこ(妻)

 

 

そんな夫は

妻以外の女性に恋をしています。

 

 

 

既婚外恋愛を許した理由は、
きっと夫婦の営みに気がのらなかったから…。

 

 

 

夫婦の営みを拒否する妻。

 

 

 

そして、
夫に対して言った一言で、
心が折れてしまう夫。

 

 

そこから、既婚外恋愛に…。

 

 

そんないちこは、
後から寂しい思いをしてしまいます。

 

 

 

それは、
妻よりも彼女を優先にしてしまうから。

 

 

 

結婚記念日に彼女と過ごそうとする夫が
そこにいました。。。

 

 

 

 

恋をする夫?7年目の結婚記念日なのに彼女優先!?

 

 

『輝くってこういうこと?』

 

 

 

恋をしている夫は、
キラキラルンルンしている。

 

 

 

それは、納豆を食べていても。

 

 

 

朝ごはんを作っていても。

 

 

 

そんな夫(おとやん)を眺めているいちこ。

 

 

 

「お店いい感じだねー」

 

 

おとやんといちこは、

仕事が終わり夜外でご飯を食べていました。

 

 

 

「ねぇ22日」

 

 

「とりあえず

予約だけしちゃった」

 

 

 

7年目の結婚記念日のお祝いに、

温泉に行こうと話していた2人。

 

 

 

旅館の予約のことをいちこが話すと…。

 

 

 

「温泉次の週にできない」

 

 

そんな風におとやんは言います。

 

 

 

「デート?」

 

 

 

 

そんないちこの問いに、

 

 

 

「んーまあ」

 

 

 

「家族のこととか

いろいろあって」

 

 

 

 

彼女の家族の事情で、

結婚記念日のお祝いを延期しようと

するおとやん。

 

 

 

それにキレないはずもなく、
いちこはおとやんを責め始めます。

 

 

「外の恋愛内に

持ち込まない約束でしょ」

 

 

「結婚してるんだからね私たち」

 

 

そんな、

いちこの言葉に謝るおとやん。

 

しかし、近くにいるはずなのに、

心の距離は遠くに感じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

『1122』2話は、

既婚外恋愛を許しているいちごだが、

7年目の結婚記念日の祝いを彼女の

事情で延期しようとするおとやん。

 

 

 

それに、キレるいちごだが…。

 

 

 

おとやんとの心の距離が遠く感じます。

 

 

既婚外恋愛って…。

 

 

『結婚って何なのかな…』

 

 

って考えさせられる漫画でした。

 

 

 

 

『1122』は、

まんが王国で無料お試し読みができます。

 

 

 

良かったら読んでください。

 

 

まんが王国はコチラです。
『1122』で検索して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煩悩パズル 漫画 ネタバレ ちょっぴりやんちゃな楢崎としっかり者の紬

f:id:kkskchang:20170522231122j:plain

煩悩パズル

作者:川上ちひろ

8巻完結

 

 

 

こんにちは!漫画女子です。

『煩悩パズル』を読みました。

 

 

 

楢崎は少女漫画の王道的な不良系男の子

のようなイメージで先生をからかったり

元カノがたくさんいるようなやんちゃな男の子です。

 

 

 

 

 


そんな

楢崎と関わり合いになりたくない紬は

毎日後ろが楢崎で大変そうだなぁと

はじめに思いました。

 

 

 


ひょんなことから2人は関わることになり、

楢崎は物珍しさからか紬に交際を申し込みます。

 

 

 


紬の返事をはやくくれと言わんばかりの

楢崎は紬に無下に扱われ同情してしまいますが

そんなところもかわいいです。

 

 

 


私個人的には楢崎が可愛らしく

少しいじけながら拗ねるところは

チャーミングポイントだと思っています。

 

 

 

「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」

 

 


という言葉は紬に確かにぴったりだと

思いましたが、それ以上にその言葉を

知っていた楢崎にビックリしました。

 

 

 

紬を家まで送って行く楢崎は確かに

ジェントルマンなんですが、見た目が

ヤンキーでその上紬の一歩後ろを

歩いているので周りから不良に

付きまとわれる気弱な地味少女の図に

なっていていました。

 

 

 


つい、『楢崎ドンマイ』と
言いたくなってしまいます。

 

 

 

 

紬は普段は物事ハッキリいう

感じのタイプなのに、肝心なときに

楢崎に好きという言葉が伝えられず

言葉たらずなところが女の子らしくて

いいなと思いました。

 

 

 

 


私個人的には男の子と女の子が

無邪気にじゃれていてふと

お互い意識してしまうシーンが

あー、わかる。

 


共感すなぁとついつい思ってしまいます。

 

 

 

そこからお互い意識えおしないようにする
展開も大好きです。

 


これからの展開に期待です。

 

 

『煩悩パズル』は

まんが王国で無料お試し読みが出来ます。

 

 

良かったら読んでください。

 


まんが王国はコチラです。
『煩悩パズル』で検索して下さい。

 

 

 

 

 

シンクロ~入りこむ罪悪感~ 漫画 ネタバレ 10話(2巻)殺人願望から罪の意識!?見ているモノがグロすぎる…

f:id:kkskchang:20170517231745j:plain

シンクロ

~入りこむ罪悪感~

作者:坂辺周一

2巻完結

 

 

 

こんにちは!漫画女子です。

シンクロ~入りこむ罪悪感~2巻 10話【白い光】です。

 

 

『悪いことしていないのに、
罪悪感を感じちゃう人』

 

 

そんな社長夫人のことについて
描かれています。

 

 

 

その社長夫人の頭に上には、

白いモヤモヤのようなものが

かかっていました。

 

 

 

悪いことしていないのに、

罪悪感を感じる時って、

どんな時なんだろう?

 

 

 

疑問を感じながら、
読み進めていくと…。

 

 

 

それは、社長夫人の夫(社長)が

人を殺したいという願望を

抱いていたからです。

 

 

 

そんな、殺人願望を持った夫と

一緒にいたからこそ、悪いことしていないのに、

罪悪感を感じていました。

 


社長は経営が苦しいのか借金を抱えてます。

 

 

その返済に苦しみ、
人を殺したい願望に陥る。。。

 

 

そんな夫を妻は支えています。

 


殺したい願望から罪の意識!?見ているモノがグロすぎる…

 

六花と冱花(イツカ)が

パンケーキ屋の行列に並んでいると…。

 

 

 

「ボタボタ…」

 

 

 

血まみれの男性が大きなカマのようなもので、

真っ二つに切り裂かれています。

 

 

「イチゴが…血の海みたい…」

 

 

そんな、

気持ち悪い光景を見てしまい、

一気に食べる気が失せる。

 

 

「あの女…」

 

 

「幸せな白いモヤモヤの社長夫人…」

 

 

 

その前に歩いているおじさんは、
下を向いてものすごーく暗い顔をしています。

 

 

 

そんなおじさんが考えている事が…、

 

 

 

 

眼鏡をかけた男性を包丁のような刃物で、

何度も何度も刺し殺すイメージをしています。

 

 

 

そんなおじさんが向かう先は…。

 

 

 

 

 

そして、この白いモヤモヤの社長夫人が

このおじさん(夫)にしたことは…。

 

 

 

 

シンクロ~はいり込む罪悪感~2巻 10話【白い光】では、

殺してはいないんだけど、殺人願望がある社長の

罪悪感を見てしまう六花と冱花(イツカ)。

 

 

 

 

その社長の後ろを歩いていたのが、
白いモヤモヤを持つ社長夫人でした。

 

 

 

そんな、殺人願望がある社長が抱く罪悪感。

 

時には、人の内臓が飛び出たり…。

 

気持ち悪いシーンが多いです。

 

 

 

 

「シンクロ」は

まんが王国で無料お試し読みができます。

 

 


良かったら読んでください。

 

 


まんが王国はコチラです。
「シンクロ」で検索してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

らぶモミ~とろけるエステ~ネタバレ1巻【こんなマッサージしてほしい!?カッコイイ男性と過ごす週末?】

 

f:id:kkskchang:20170514231959j:plain

らぶモミ

~とろけるエステ~
作者:砂塚旬

6巻未完結

 

 

 

 

こんにちは!漫画女子です。

 

 

『らぶモミ!』1巻が無料お試し読みできたので、
読んでみたらハマりました(笑)、

 

 

 

なぜなら、この漫画に登場する、

東堂くんとう男性がものすごーくカッコいいからです。

 

 

 

つい、

 

『こんなマッサージだったら

いいかも…』

 

そんな風にも感じてしまった程。

 

 

 

仕事で疲れた時に、

 

 

『アロマをたいて』

 

『ベッドメイクもしてくれて』

 

 

『エステ用の服装に着替えて』

 

 

まるで自宅でエステですね。

 

 

 

そして、

なによりカッコイイ男性から、

マッサージされるという。

 

 

 

 

 

とにかく、ストーリー展開も

面白いし、絵もキレイとで

あっという間に読んでしまい、

2巻が気になっている私です。

 

 

 

 

『気軽に会える友達が

いなくなったから?』

 

 

 

『一緒に食事できる

彼氏がいないから?』

 

 

 

周りの友人は結婚して育児で忙しい…。

 

 

 

彼氏とデートなど、この主人公の描写が

自分自身でも経験したこともあったために、

少し感情移入して読むところもありました。

 

 

 

こんなマッサージしてほしい!?カッコイイ男性と過ごす週末?

 

 

『週末は嫌い』

 

 

 

週末一人で牛丼食べながら、
スマホ片手に友人から送られてきた
写真を見ている志帆。

 

 

 

その写真は、赤ちゃんの写真です。

 

 

 

 

気軽に会える友人も、彼氏も

いなくなってしまった。

 

 

 

そんな週末が嫌い。

 

 

 

『マッサージ呼んで
お姉さんに愚痴ろうかな』

 

 

 

スマホを見ながら、”出張専門マッサージ”
のサイトを見ていました。

 

 

『ピンポーン』

 

 

 

マッサージを頼んだのはいいけど、
自宅へ来た人が”男の人”

 

 

 

「本日は

大変込み合っておりまして」

 

 

 

女性スタッフが不在の為に、

代わりに東堂というカッコイイ男性

派遣されます。

 

 

 

『週末は独りでいたくない』

 

 

そんな気持ちから、東堂にマッサージを
お願いします。

 

 

 

「どうぞこちらに」

 

 

 

自宅でアロマをたいて、
ベッドメイクもしてくれます。

 

 

そして、仕度が出来た志帆をベッドへ…。

 

 

『触られる…』

 

 

『力強い』

 

 

 

志帆の肌に直接触れて、
力強く背中をマッサージし始めます。

 

 

 

「呼吸を整えましょう」

 

 

「吸って…吐いて…」

 

 

 

東堂の言う通りに呼吸をする志帆。

 

 

そのうち…

 

 

『気持ちいい…』

 

『とけてなくなりそう…』

 

 

 

マッサージが気持ちよすぎて、
そんな風に思っていると。。

 

 

 

「よろこんでくれるなら」

 

 

「僕もうれしい…」

 

 

 

いきなり胸にキスをし始める。。。

 

 

 


『らぶモミ~とろけるエステ~』1巻は、

 

「週末独りでいたくない」

 

 

友人の環境が変わり、気軽に会える人が
いなくなった志帆。

 

 

彼氏もいない。

 

 

そんな週末が嫌いでした。

 

 

”出張マッサージ”の予約を

入れて自宅へ来た人が東堂という

カッコイイ男性。

 

 

そんな男性に、

マッサージをしてもらいその後は…。

 

 

続きのネタバレ

⇒らぶモミ~とろけるエステ~ネタバレ2巻【今は普通のマッサージできそうにない?東堂くんにドキドキ】

 

 

 

 

『らぶモミ~とろけるエステ~』1巻は、

コミなびで無料で読めます。

 


良かったら読んでください。

 


コミなびはコチラです。
『らぶモミ』で検索して下さい。

 

 

 

 

 

 

らぶモミ~とろけるエステ~ネタバレ2巻【今は普通のマッサージできそうにない?東堂くんにドキドキ】

f:id:kkskchang:20170514224313j:plain

らぶモミ

~とろけるエステ~
作者:砂塚旬

6巻未完結

 

 

 

 

こんにちは!漫画女子です。

 

『らぶモミ!』1巻を読んで、

この東堂くんがカッコよすぎて、

続きが気になり読んでしまいました(笑)

 

 

 

2巻では、

主人公志帆のあの妄想が、

なんと現実に…。

 

 

 

女性目線で描かれているのか、

そこまでエロすぎない。


そして、胸キュン出来て

読みやすいです。

 

 

 

 

しかも、

男性のドキドキさせる行動などを

この作者さんはわかっているのか、

東堂くんの行動に本当、ドキドキ!

 

 

 

しかもルックスも良いから、
尚更です。。。

 

 

今は普通のマッサージできそうにない?東堂くんにドキドキ

 

 

「本社からまいりました

東堂春樹です」

 

 

志帆にあいさつをする東堂くん。

 

 

 

『初対面で裸見られた人と
働くってこと…!?』

 

 

 

会社に現れた東堂くんに

動揺する志帆ですが…。

 

 

「乗ります」

 

 

『ガッ』

 

 

 

東堂くんは、

閉まろうとするエレベーターのドアを

開けて乗りこんできます。

 

 

 

そこには、志帆が1人で乗っていました。

 

 

 

「仕事しづらくなったら困るので
お互いのことだまっていませんか?」

 

 

 

 

この前のマッサージを

2人だけの秘密にすると、

お互い同意。

 

 

 

「…まだ終わりませんか?」

 

 

 

東堂くんの歓迎会を会社の人としていたら、
志帆がいないことに気が付きます。

 

 

 

そして、会社に戻り、
仕事をしている志帆に話しかける。

 

 

しかも、

顔がものすごーい至近距離でドキドキ。

 

 

 

「僕からのプレゼントです」

 

 

志帆のメアドから今日が誕生日のことを

知っていた東堂くん。

 

 

そして、マッサージをプレゼント。

 

 

「ありがと…」

 

 

 

親には、

”大切な人に祝ってもらっている”

と意地をはっていた部分もあり…。

 

 

 

久しぶりに祝ってもらえる自分の誕生日に、

嬉しくて涙がポロポロ流れ落ちてしまう。

 

 

 

「泣かないで」

 

 

 

「誕生日でしょ」

 

 

東堂くんは、やさしくふんわりと
志帆を抱きしめます。

 

 

 

泣いている志帆の頬に手をあてる東堂くんは、

少し赤面しています。

 

 

そんな、

藤堂くんの恥ずかしがる顔も、

ものすごーくカッコいい。。

 

 

気持ちが止められないのか、
キスをしたかと思ったら。

 

 

 

「ごめん…」

 

 

「今は普通のマッサージは

できそうにない」

 

 

そう言うと、

手で自分のネクタイをゆるみ始めて…。

 

 

 

『らぶモミ~とろけるエステ~』2巻は、
志帆の会社に現れた東堂くん。

 

 

「本社からきました」

 

 

同じ職場で働くことになります。

 

 

 

 

そして、東堂くんの歓迎会に仕事で

出席できない志帆を気にかけ、

会社に戻ると1人で仕事をしていました。

 

 

「僕からのプレゼントです」

 

 

今日が志帆の誕生日とメルマガの登録で
知っていた東堂くん。

 

 

 

マッサージをし始めるのですが、
嬉しくて涙を流す志帆に…。

 

 

「今は普通の

マッサージはできそうにない」

 

 

感情が抑えれなくなった東堂くんが…。

 

 

 

 

『らぶモミ~とろけるエステ~』2巻は、
コミなびで100円で読むことができます。

 

 

後、今なら1巻無料です。
良かったら読んでください。

 

 


コミなびはコチラです。
『らぶモミ』で検索してください。